【サイト更新】働き方改革〜脳の計測による 組織の活力改善 プログラム ー人事・経営戦略の皆さまへー

2018.02.06
357
  • share
  • share
  • share

「働き方改革〜脳の計測による組織の活力改善プログラム」についてのページを公開いたしました。

働き方改革とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考えて、戦略的に実践することです。
あなたの会社は大丈夫? 社員のストレスが高まっている。メンタルヘルスの休職者が増えている。組織の活力が低下して業績に影響している・・・。

日本における精神疾患患者数は300万人を超え、2015年12月に厚生労働省が企業などの職場におけるストレスチェックを義務化するなど、仕事上でさまざまなストレスを受ける従業員のメンタルケアや職場環境の改善の重要性が高まりつつあります。

こうした中、事前に心身の不調に気づき、経営的な視点から従業員の健康管理を戦略的に実践する、働き方改革に向けた施策が企業に求められています。

 

そこで、NeUでは、脳科学に基づいた改善施策のご提供など、ヒューマンオリエンテッドな「働き方改革」を支援しています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

  • share
  • share
  • share