【共同研究】株式会社吉野家の公式HPに「吉野家の朝定食はパン食に比べ脳活動を活性化する」という研究成果が公表されました

2024.05.27
548
  • share
  • share
  • share

株式会社NeUは、株式会社𠮷野家および東北大学ナレッジキャスト株式会社と共同で、朝食に関する調査・研究を行ってまいりました。この度、株式会社𠮷野家、株式会社𠮷野家ホールディングスの公式ホームページにて研究成果が公開されました。

 

試験食(吉野家朝定食)と対照食(市販のパン食)との比較において、脳活動に有意な差が確認されました

 

発表のポイント

1. 朝食の「質」で脳活動と自律神経活動がどう変わるかを調べるために、20代から50代の男性50人を対象に全8週間のランダム化クロスオーバー試験を行いました。

2. 吉野家の朝定食を摂取した人は、市販のパン食を摂取した人に比べ、認知課題実施時の「脳血流量」が統計的有意に増加し、脳活動が活性化することを確認しました。

3. また、吉野家の朝定食を摂取した人は、朝食摂取前に比べ摂取後に「心拍数」が統計的有意に増加することを確認しました。これは自律神経における交感神経が優位になることを示し、脳を含む身体の臓器の働きが活発になることを示すものです。

研究の詳細は、下記リンクをご覧ください。

株式会社吉野家公式HP プレスリリース
株式会社吉野家ホールディングス公式HP プレスリリース
PR Times 吉野家の朝定食はパン食に比べ脳活動を活性化する ~20代から50代の男性50人対象 朝食摂取比較試験報告~
吉野家の朝定食はパン食に比べ脳活動を活性化する | 村田裕之オフィシャルサイト

本研究成果は、2024年5月26日(日)に福岡県福岡市内で開催された第78回日本栄養・食糧学会大会で発表されました。
また、2024年5月31日(金)に熊本県熊本市内で開催される第24回日本抗加齢医学会総会においても、本試験結果を含む「朝食習慣とその質はウェルビーイングにどう影響するか」を発表予定です。

関連する過去のリリースはこちら

「朝食習慣と幸せ度・ライフスタイルに関する調査」を株式会社吉野家、東北大学ナレッジキャスト株式会社と共同で実施いたしました

NeUが参加する「朝食に関する調査・研究」が株式会社吉野家のHPにて公開されました。

■本件に関するお問い合わせ

株式会社NeU ニューロマーケティングビジネスユニット 担当:岡田
E-mail info@neu-brains.com

 

お問い合わせはこちら

 

  • share
  • share
  • share