安全運転を目的とした『運転脳トレ』サービスを西日本鉄道株式会社へ提供開始

2023.07.04
833
  • share
  • share
  • share

脳科学に基づく革新的トレーニングで、バスドライバーの安全運転をサポート

株式会社NeU(本社:東京都千代田区、代表取締役:長谷川清、以下NeU)は、西日本鉄道株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社⾧執行役員:林田 浩一、以下西日本鉄道)へバスドライバーを対象とした『運転脳トレ』サービスの提供を開始いたしました。
NeUは、福岡を中心とした交通インフラを支える西日本鉄道の更なる安全運転、交通事故の減少をご支援して参ります。

西日本鉄道の取り組み

西日本鉄道はグループ会社を含めて日本最大のバス保有企業であり、約3,000名のバスドライバーが活躍しています。同社は、地域に“あんしん”、“かいてき”、“ときめき”を提供し続けることを企業理念として掲げ、ドライバーの安全運転教育に関しても積極的に取り組んでいます。今回、ドライバーの高齢化への対応や人材育成の観点から、より効果的なソリューションを模索していた中で、認知機能をトレーニングする『運転脳トレ』をトライアル導入することになりました。
さらに今回はNeUの脳健康チェッカー『脳健康ステーション』を用いて、ドライバーの定期的なストレスチェックも実施いたします。ストレスは運転に支障をきたす原因の1つでもあります。従来のアンケート方式と比較し、生体計測を取り入れることでより客観的にストレスを評価することができます。認知機能の維持・向上に加え、ストレス度合いを見るソリューションにより、ドライバーの総合的な脳の健康状態を把握し、より安全で快適な運転環境の実現を志向して参ります。

『運転脳トレ』開発の背景

当社のCTOである川島隆太博士の研究により、認知機能の向上が運転技術の向上に結びつくことが明らかになりました。物流業界やバス・タクシー業界などは従業員の高齢化に加え2024年問題などさまざまな課題に直面しています。こうした交通・運輸業界において、さらなる安全運転の実現を目指し、ドライバーの認知機能向上・維持を促進するために当社は2023年3月に『運転脳トレ』をリリースしました。

『運転脳トレ』とは

『運転脳トレ』は、1回あたり1分のトレーニング設計となっており、”頭の回転”、”注意力”、”予測力”などの認知機能を効果的に鍛えることができます。スマートフォンのアプリケーションを通じてゲーム感覚で気軽に取り組むことができ、楽しくトレーニングを継続することができます。
『運転脳トレ』を通じて認知機能を鍛えることによって、ドライバーの運転技術の向上はもちろん、バスサービス全体の円滑な運行やお客様視点の運行にも寄与することができると考えています。

■『運転脳トレ』の詳細はこちら
https://neu-brains.co.jp/solution/brainfitness/drive/

NeUは長年にわたり蓄積した脳科学の知見を活かし、今後もドライバーのスキル向上とより安全な交通環境の実現に取り組んでまいります。

■西日本鉄道株式会社について

会社名 :西日本鉄道株式会社
所在地 :福岡県福岡市博多区博多駅前三丁目5番7号
代表者 :代表取締役社長執行役員 林田 浩一
事業内容  :鉄道および自動車による運送事業、利用運送事業、航空運送代理店業、通関業、不動産の売買および賃貸業、ホテル事業、その他
URL :https://www.nishitetsu.jp

■株式会社NeUについて

会社名 : 株式会社NeU(ニュー)
設立  : 東北大学の認知脳科学の知見と、日立ハイテクの携帯型脳計測技術を軸に2017年8月に設立
所在地 : 東京都千代田区神田司町2-2 新倉ビル 5階
代表者 : 代表取締役 長谷川 清
資本金 : 1億円
事業内容: 脳科学の産業応用事業
URL  : https://neu-brains.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ

株式会社NeU 担当:室崎
E-mail info@neu-brains.com

  • share
  • share
  • share