【共同研究】東北大学加齢医学研究所と「脳活動から認知介入の効果の予測」に関する論文を発表しました

2021.05.19
591
  • share
  • share
  • share

NeUと東北大学加齢医学研究所が、認知機能の改善効果に関する共同研究成果を発表

株式会社NeU(本社:東京都千代田区、代表取締役:長谷川清、以下、NeU)と国立大学法人東北大学加齢医学研究所の共同研究で、認知機能のトレーニング中の背外測前頭前野活動からその後の認知機能「抑制」「処理速度」の改善効果を予測できることが示されました。
本研究の成果は、学術論文として東北大学加齢医学研究所の野内類准教授[1]および川島隆太教授[2]らにより、学術誌Brain Sciences誌に採択・掲載されております。

[1]東北大学加齢医学研究所 准教授/東北大学スマート・エイジング学際重点研究センター
[2]東北大学加齢医学研究所 教授/東北大学スマート・エイジング学際重点研究センター センター長 兼 株式会社NeU取締役CTO

該当論文は以下URLよりご覧いただけます。
https://www.mdpi.com/2076-3425/10/8/560

脳トレ中の脳活動が高い人ほど、認知機能の改善効果が高いことが明らかに

この研究では、36人の参加者(平均年齢21.6歳)が、1ヶ月間、脳トレを行いました。初日に脳トレ中の背外測前頭前野活動を携帯型脳活動計測装置HOT1000で計測しておき、1ヶ月後の認知機能テストの改善結果と初日の脳活動とを比較した結果、脳活動が高かった人ほど、認知機能の「抑制」と「処理速度」の項目で改善効果が高いという関係が示されました。

 

携帯型脳活動計測装置「HOT-1000」

 

NeUでは、本研究成果をもとに、脳活動の計測結果からより効果的な認知機能トレーニングを提供するサービスを準備中です。

 

■株式会社NeUについて

会社名 : 株式会社NeU(ニュー)
設立  : 東北大学の認知脳科学の知見と、日立ハイテクの携帯型脳計測技術を軸に2017年8月に設立
所在地 : 東京都千代田区神田司町2-2 新倉ビル
代表者 : 代表取締役 長谷川 清
資本金 : 3億5,900万円(資本剰余金含む)
事業内容: 脳科学の産業応用事業
URL  : https://neu-brains.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ

株式会社NeU 担当:桂
E-mail info@neu-brains.com

  • share
  • share
  • share